種差少年自然の家は青森県が昭和50年に設置した社会教育施設です。 
種差少年自然の家とは 年間利用予定 利用について 施設について
各種書類ダウンロード 年間プログラム 出前講座 交通アクセス
            ※H27年度以前の活動記録はこちら・・・!
 > HOME > 施設について

 施設について   

   建物平面図

・ 基本時間に沿った生活と、利用した場所の清掃・整とんをお願いします。
・ スリッパは用意しておりませんので、内履きを準備してください。
・ 花火をする際は、打ち上げ花火、ロケット花火等火事につながる恐れのあるものは禁止です。
・ コピー機の利用はできません。印刷物などはあらかじめご用意ください。
・ 館内での飲食は基本的に禁止となっております。飲食に関する疑問・質問は、日程作成時にご相談ください。
・ 自動販売機は置いておりません。
・ 飲酒はできません。
・ 喫煙は、喫煙場所でのみお願いします。

   下足箱

  緑 120(5段式)
黄  72(4段式)
青  72(4段式)
赤  75(5段式)
白 116(4段式)

◆退所時には簡単に清掃をお願いします。
       

   食 堂

  収容人数:194人
 (8人席×23卓+10人席×1卓)
セルフサービス方式
 (食べ放題ではありません)
◆最後まで取り置きすることはできません。
 (体調不良の方や遅れる人などがいる場合は
  団体で盛りつけておいてください)
◆使用後は清掃をお願いします。
◆利用者用冷蔵庫あり
 (野外活動の飲料水等用)
料金:朝食(370円)
     昼食(390円)
     夕食(400円)
食事数の変更
 土・日・祝日を除く利用開始4日前の午前まで可能です。
◆利用できない日:4月1日~4月7日
 (年度始めの食堂整備のため)
       

   プレーホール

  ◆学校の体育館にあたる施設です

◆窓は補強されていないため、固いボールを使う競技は不可

◆やわらかいボールでのドッジボール・バレーボール、卓球、バドミントン、キンボールスポーツなどは可能です
       

   大ホール

  ◆会議・講義等が可能(最大200人)

◆テーブル・イスを寄せて各種活動も可能ですが、 活動後に復元をしてください

 常設の備品
 ・長テーブル、パイプイス
・大型スクリーン(巻き上げ式)
・プロジェクター
・DVDデッキ
       

   小ホール

  ◆最大40人程度まで利用可能です。

◆会議や学習会向き。運動には不向き。

常設の備品 
・長テーブル、パイプイス
・スクリーン(巻き上げ式)
・テレビ
・DVDデッキ
 (プロジェクターも準備できます)
       

   自然観察室

  ◆学校の理科室にあたる部屋です

◆実験用テーブル(7台)、水道完備

◆最大40人程度まで利用可能です

◆電源も多めに設置されており、創作活動・調理な どに向いています

◆黒板もあるので、学習会等でも活用可能です
       

   玄関ホール

  ◆施設の出入口になるため、団体が多い場合や、 出入りする時間帯の活動はできません

◆館内オリエンテーリングや館内デジカメ探偵団のスタート・ゴールに活用できます

◆けん玉やドミノ、トランプやジェンガなどがあるの で、ご自由にお使いください。
 (管理上、宿泊棟への持ち込みはご遠慮下さい)
       

   宿泊室

◆1・2階とも14部屋。
◆宿泊料 1人159円(シーツと枕カバーの洗濯代)
※工作などの制作活動や飲食は禁止となっています。
通常の部屋(8人部屋)
2段ベッド4台(計8台)と畳敷きスペース
101号室・102号室(3人部屋)
車いす対応
ベッド数:3
リーダー室としても利用可能。
108号室・208号室(和室5人部屋)
リーダー室として利用できます。
各階の室内灯の集中操作パネル有り。

   お風呂

脱衣所
浴 室
入浴時間
  ・16:00~17:30(追い炊きできない浴槽ですので、この時間にご利用ください。)
  ・他団体がいる場合は時間内で交代して利用。
  ・キャンプの場合のみ20:45迄(シャワーのみ)利用可です(要相談)。
  ・いかだ活動をする団体は15:30からの利用となります。

人数
  ・一度に各浴室(男女別)30人ぐらい利用可能です。
  ・入浴者数の合計が50人未満の場合、1つの浴室を男女時間差での利用としていただきます。

持ち物
  ・入浴道具(石けん、シャンプー、タオル等)を各自で準備してください。
       

   シーツ室

  ◆チェックインカードを元に、15:30頃にはシーツと枕カバーを準備しておきます

◆貸出・返却の際は必ず指導者が立ち会い、数を確認してください

◆追加のシーツ(有料)も用意してあります。
 使用した際は朝の打合せで報告してください

◆おねしょシートも用意しておりますので、ご相談ください
       

   医務室

  自然の家には、病気やけがに対応する看護職員は配置されておりません。

・救急薬品等は利用団体でご用意ください

・緊急用として、乗用車を用意することをおすすめします

・健康上の理由で、活動に参加せず館内に残る人がいる場合は、引率者が付き添いください(職員にも連絡をしてください)

・おう吐があった場合は、職員に必ず連絡して下さい

 ・ノロウィルス等2次感染防止のため、おう吐処理は引率者に行っていただきます
       

   キャンプ場

◆テントや寝袋(シュラフ)の持ち込みも可能です。
◆当所の寝袋を使用するテント泊の場合、 シュラフ1つにつき144円(シーツ代)。
常設テント (設営・撤収の必要なし)
・65人(5名程度×13張 )
・設置期間:5月中旬~10月中旬
ドームテント(自分たちで設営・撤収)
・ 68人(4名程度×17張)
かまど
・24基
・脇に薪置き場、近くに炭捨て場あり
調理場
・8テーブル分(イス準備有り)
・食べ物放置は厳禁(カラス対策)
・食材の斡旋ができます。ご相談下さい
(せんべい汁、カレー、豚汁)
 炊事場
・流し台:2ヶ所×16口)
・使用後は排水口まで清掃をお願いします
 キャンプセンター
・貸出物品を収納
・時計、冷蔵庫、照明スイッチ、事務室との内線があります
 野外水洗トイレ
・清掃時は床に水をまかないでください
 第1営火場(キャンプ場奥)
・電源があります。
束薪:かまどの脇の小屋にあります。
 計画以上に使用した場合は、活動終了後に職員へお申し出ください。
照明:ありません(かまどの照明で程良く明るい)
消火:中央のサークル内で多めに水をかけ、片付けは翌朝お願いします。
 中央サークル付近に水道の蛇口があります。
・事前に利用日を消防署へ連絡しています。
 計画の変更は打合せ時にお申し出ください。
 第2営火場
・県道から自然の家に向かう車道の左脇にあります。
・電源はありませんが、照明(水銀灯)があります。
・小屋(束薪等)や消火用の水道などがあります。
・束まきを計画以上に使用した場合は、活動終了後に職員へお申し出ください。
・消火は中央のサークル内で多めに水をかけ、片付けは翌朝お願いします。
・事前に利用日を消防署へ連絡しています。
 計画の変更は打合せ時に申し出てください。
       
 ●自然の家とは ●年間利用予定 ●利用について ●施設について ●各種書類 ●活動プログラム ●出前講座 ●交通アクセス
●Hot News ●イベント ●Movie ●活動の記録 ●発行物 ●よくある質問 ●サイトマップ

種差少年自然の家
のマーク

お問合せ先

種差少年自然の家
マスコットキャラクター 

種差少年自然の家のマーク  青森県立種差少年自然の家

〒031-0841 青森県八戸市鮫町字膳並平2-26
℡:0178-38-2131 fax:0178-38-2727
e-mail:info@tanesashi.jp

 たね坊
種差少年自然の家 マスコットキャラクター たね坊
 全体の形は、少年の「少」の一字を形どったものです。左右に広がる山野、眼下に見る太平洋と波、豊かな自然に囲まれた環境の中で、友情(だ円)を培い、たくましく伸びる(直線)少年の姿を象徴しています。ぐんじょう(群青)は海の青さを示したものです。
Copyright (C) 2016 Miyago Greennet. All Rights Reserved.
指定管理者:三八五グリーンネット